ブックオフせどりはまだ儲かるか?

中古の本やなどの販売や買取をしているブックオフ。
多くの人は自分が不要になった物を売りにいったり、安いものを探して買って自分で楽しむという使い方をしていると思います。

しかし客の中には、ブックオフで安いものを探して買い、それを別のところで売り、その差額で儲けを出している人たちがいるのをご存知でしょうか?

こういった差額で利益を上げる行為を転売と呼び、それをする人達を転売屋といいます。

「せどり」ともいわれる現在の転売は、ブックオフと深い関係があるのです。

ブックオフで100円の本を買ってきてamazonで売れば1000円になることがあります。

会社帰りに漫画を探しにゆく会社員や、学校が終わってからCDを見に行く学生の人達には、自分の目の前にある100円の本が実はそれだけの価値があるなんて思っても見なかったはずです。

ブックオフで100円で買った本をまたブックオフに持っていっても、10円位でしか買い取ってくれないでしょう。

そんなに儲かるなら、と手当たり次第に100円の本を買ってきてamazonで売ってみようとする気が起きてもおかしなことではありませんが、それをやってもトータルでは決して儲かることはないでしょう。

偶然に高値をつける本が中にはあるかもしれません。しかし、大抵は買った金額を大きく下回る額でしか売れないか、売れればまだしも売れ残ることでしょう。送料とamazonへの手数料を考えれば赤字にだってなります。

それにもかかわらず転売をして儲けることができるのは、転売屋(せどりを行うので「せどらー」とも呼ばれる)が利益の上がる本とそうではないものを見分けているからです。

転売屋も安い本を探します。ここまでは誰でも同じです。ただそこから、転売屋は本の背表紙を見るのです。

本の背表紙あるバーコードが転売屋の探しているものであり、100円の本が儲かるかどうかを教えくれる暗号となっています。

転売屋はバーコードリーダーという機械を使ってバーコードを読み取ります。その情報を分析してくれるアプリがあり、それを基にしてamazonで高く売れるかどうかを読み解いているのです。

ブックオフで転売を行う人が本の背表紙を見てバーコードを読み取っていることから、転売のことを「せどり(背取り)」、転売屋のことを「せどらー」というようになりました。

儲けられる仕組みがわかったから、早速バーコードリーダーを購入して、ブックオフでせどりを行いたいと思う人がいるかもしれませんが、せどらーと同じように利益を上げることはできないでしょう。

なぜならば、ブックオフではせどらーがバーコードリーダーを使用したしたことから生じた弊害(他のお客さんに迷惑をかけたり売れ筋の本だけ大量に買い込まれる)が生じたので、バーコードリーダーを店内で使用することを禁止したからです。
まとめ
ブックオフのせどりは、最早儲からないものです。